進撃の巨人 ジーク イェーガー

進撃の巨人 ジーク イェーガー

壁内人類と敵対する「戦士」の中で戦士長と呼ばれる男性で、ライナー、ベルトルト、アニの上官にあたる。
壁外から来た、「九つの巨人」の一つ「獣の巨人」の巨人化能力者。

戦闘の時は獣の巨人に変身し、他の巨人よりも長い手を活かし、砕いた岩を野球の投球のように投擲する攻撃を得意とし、戦闘力は巨人化能力者の中でも非常に高い。ライナーとベルトルトとはシガンシナ区で合流しており、今すぐにでもアニの救出に向かおうとしていた2人を力付くで止め、仲間を救出することより「座標」の奪還が優先であるとし、ウォール・マリア奪還のためにいずれやって来るエレンたちを待ち構えていた。
「ウォール・マリア奪還最終作戦」では巨人化し、用意させていた多数の巨人たちと共にシガンシナ区郊外に出現。内門の外側を巨人たちに包囲させて調査兵団を孤立させ、さらには投石攻撃で追い詰める。
調査兵団の多くがその犠牲になる中、リヴァイ、調査兵団団長のエルヴィン・スミス、新兵達は「獣の巨人」を討つべく、捨て身の作戦を開始。
リヴァイを「獣の巨人」に近づけさせる為、馬に乗ったエルヴィンと新兵達は投石攻撃が降り注ぐ中、「獣の巨人」に特攻をかける。
戦いをさながら野球試合のように茶化していたジークは、この特攻に対しかつてない怒りを露わにしており、「レイス王に『世界の記憶』を奪われたのは悲劇」、「だから過ちを何度も繰り返す」とこぼしている。
だが持っていた岩石を握りつぶしたことで我に返り、「自分は父親とは違う」と自身を諫めていた。再び投石攻撃を再開し、特攻し続ける新兵達を、たった一人を残し全滅させる。
しかし、密かに接近していたリヴァイによって圧倒され巨人体から引きずり出された挙句、ブレードを口内に突っ込まれ、左目下から貫通させられ追い詰められた。
あと一歩のところで殺される寸前だったが、「獣の巨人」の力を奪うため生存者を探そうと、リヴァイが隙を見せた時、背後から駆け付けた車力の巨人に助けられて逃げ延びた。
逃走の際、用意していた大型巨人達に命令を送りリヴァイを襲わせている。
その後、壁内にて「超大型巨人」を討ち取ったエレンの前に姿を現す。
エレンは目の周りの巨人化の跡から、彼が「獣の巨人」かと推測するが、一方でジークはエレンを見て「全然父親に似ていない」と発言。予想外の言葉に驚くエレンに、ジークはさらに「自身はエレンの理解者である」こと、「同じ父親の被害者」で、「お前は父親(グリシャ)に洗脳されている」と語りかけた。エレンもまた、彼からグリシャの面影を感じ取っている。
その後、追撃してきたリヴァイから逃げる際、エレンに対し「いつか救い出す」と発言した。
壁内に来た目的は、ライナーとベルトルトを回収する為であったが、既に討ち取られていたベルトルトの回収は断念し、ライナーを救出する。

  1. その四年後、海の向こうの大国「マーレ」の軍隊に所属し、中東連合の戦争に参加。後述の巨人の力で、戦争終結に貢献した。
    エルヴィンに匹敵する程の知略を張り巡らせ、目的のために非情な判断も躊躇わないが、その根底には「自分たちで全てを終わりにしたい」という悲壮にも似た思いがある様子。